社会福祉法人三山なかよし会
幼保連携型認定こども園
富岡いずみこども園
〒370-2465
群馬県富岡市中沢210-5
TEL.0274-67-2427
FAX.0274-67-3795
■保育業務

3月

園だより

今までにない大雪に、保育園も園児や保護者の安全のため、休園することにもなりました。まだあちこちにたくさんの雪が残っています。けがのないように気をつけましょう!そしてもう3月・・

今年度、締めくくりの月です。振り返れば本当に沢山の思い出がよみがえってきます。子ども達と一緒に楽しい毎日が過ごせたことを嬉しく思います。

保護者の皆さんのご理解とご協力で、この一年も無事過ごすことができました。ありがとうございました。残り一ヶ月!進級や卒園する気持ちを膨らませながら、元気に楽しく園生活を送って行きたいと思います。

ばら組

ねらい:就学に向けて、喜びや期待をもつ。

3月に入り、保育園生活最後の1ヶ月がスタートしました。

先月は、サンリオピューロランドへの卒園旅行があり、キティちゃん会ったり、お買い物をしたりして来ました。お休みのお友達もなく、また1つ共通の思い出が出来たことを嬉しく思います。今月は、お遊戯会を始めに、お別れ遠足・卒園式と行事が続きます。一日一日を大切に、園生活のまとめの1ヶ月が充実したものになるよう、過ごして行きたいと思います。

さて、クラスだよりも今回で最後になります。あっという間に3月になってしまいましたが、この11ヶ月、可愛い20人は沢山の成長を見せてくれました。和太鼓や合奏、他にも沢山のことを発表してきましたが、どれもすぐ出来るものではありません。難しいことや苦手なこともあったと思いますが、諦めずに頑張って付いて来てくれたことに感謝の気持ちです。もっと一緒にいたい!というのが本心ですが、小学校入学への期待を膨らませている子ども達を、沢山の思い出と共に小学校へ送り出したいと思います。

 

保護者の方々には、1年間大変お世話になりました。

可愛い20人に出会えたことに感謝しています。ありがとうございました。

ゆり組

ねらい・・・ばら組になることを意識し、喜びや期待を感じる

 先月は120年に一度という大雪が降り、誰もが大変な思いをしたことと思います。当たり前の日常がどれがけ幸せなのかを教えられましたね。しかし現在全員が、けが・事故無く元気に登園できていることは幸いです。

さて、早いものでゆり組の生活もあと1ヶ月となりました。お遊戯会が終わると、大きな行事も無く、あとはばら組に向けての準備のみです。ゆり組での生活をゆったりと楽しみながら、一番上のクラスになるという自覚を持てるような1ヶ月にしていきたいと思います。

ゆり組、最後の大きな行事のお遊戯会。大雪の影響で十分な練習時間を取ることが出来ませんでしたが、それでも子ども達が一生懸命練習してくれました。子ども達の、恥ずかしながらも楽しそうに踊る可愛い姿をぜひ見に来てください。そして3月7日には体操教室の発表会があります。子どもたちが1年間頑張ってきた成果を十分見ていただけると思うので、こちらもぜひ保育園に足を運んでください。お待ちしています。

 

ゆり組での1年間は本当にあっと言う間でした。未満児担任からの以上児担任だったので、子どものほうが以上児での生活に慣れており、私が何かを教えるというよりも子ども達に助けてもらうことの方が多かったように思います。そんな子ども達の成長を近くで見守り、関われたことをとても幸せに思います。

さくら組

【ねらい】進級することに期待を膨らませ、毎日元気に過ごせる

 今年度のクラスだよりも、今回で最後となりました。

 14人の子どもたちと共に過ごしてきた日々が、もう1年になろうとしていることに、時の流れの早さを感じています。

 慣れない環境に不安や戸惑いを抱いていた春、お友だちや先生と安心して生活でき、好きな遊びを楽しめるようになった夏、行事を通して心も体も成長した秋、そしてまた一歩進級への階段を登り始めている今。本当にいろいろなことがありました。

 この1年間、子どもたちの遊びへの取り組み方、お友だちとの関わり方も大きく変化してきました。複雑な心の動きの中で、なかなかできなかった「順番を守る」ことや「待つ」こと、「謝る」ことなど、自分のことだけでなく相手のことも少しずつ考えられるようになったことは大きな成長だと思います。

 

 そして、保護者の皆さんのご理解・ご協力により、私自身も子どもたちから良い刺激を受けたり、多くのことを学んだりすることができました。本当にありがとうございました。

一緒に生活できる日も残りわずかとなりましたが、子どもたちの日々の変化をとらえながら、これからも成長の芽をしっかり支えていきたいと思います。

 

たんぽぽ組

【ねらい】 さくら組になることを楽しみに過ごす。

 2月は、いまだかつてないほどの大雪が降りましたね。子ども達は、キラキラした目で外を眺め、「わーい!雪だぁ!」と、とても嬉しそうでした。雪遊びをした日は慣れていない遊びに戸惑う子どももいましたが、その子なりに雪遊びを満喫していました。

 また、まだまだ雪が積もっていたり、道が凍っていたりするところもあるので、ケガをしないよう気をつけていきましょう。

 さて、早いもので、たんぽぽ組で過ごすのも残り1カ月となりました。4月当初は新しい環境に泣いてしまう子どもの姿が多く見られましたが、今では元気に手を振って、笑顔でお家の方に「バイバイ!」と言える様になりました。また、進級に向けて好き嫌いをしないで苦手な食べ物も食べてみようとしたり、上着を自分で着ようとしたり、自分で出来ること行おうとする姿が多くみられるようになりました。

 子ども達が出来るようになったこと一つ一つが成長の証だと感じます。進級に向け、嬉しさや寂しさを感じながらも、子ども達を温かく見守り、残りの日々を楽しく過ごしていきたいと思います。

 

 保護者の皆様には今年度、沢山のご協力とご理解を頂きまして本当にありがとうございました。心より感謝しております。

もも組・すみれ組

ねらい:春を迎え 進級にきたいを膨らませる

 

 先日は、思いもよらぬ大雪に、雪かきであたふたする大人たちをよそに、

子ども達は大喜びしたのではないでしょうか・・本当にすごい雪でしたね

 さて早いもので、もも・すみれ組での生活もあと一か月となってしまいました。春、夏、秋、冬とひとつひとつの行事が終わるたびに、子どもたちの成長に感動し、この子どもたちと時を共にすることに喜びを感じてきました。

 残り一か月・・・

あっという間に過ぎてしまうと思いますが、ぎゅっと中身の濃い一日々を過ごし進級に向けて、準備していきたいと思っています。

 

 保護者の皆様には、一年間のご協力を感謝するとともに、私たちに毎日楽しい日々を与えてくれた子どもたちに“ありがとう”の言葉を送りたいです。

一年間本当にありがとうございました。