社会福祉法人三山なかよし会
幼保連携型認定こども園
富岡いずみこども園
〒370-2465
群馬県富岡市中沢210-5
TEL.0274-67-2427
FAX.0274-67-3795
■保育業務

5月

園だより・クラスだより

園だより

新年度が始まり一か月が過ぎました。泣いていた子も生活に慣れてきて、泣き声も聞かなくなりました。
これから集団生活の中で、歌や遊び、生活のルールなど、たくさんのことを覚え、行事にも参加して、楽しく保育園生活が送れるように保育していきたいと思います。
先日の保護者会でも話しましたが、駐車場でおしゃべりをしていて子ども達から目が離れてしまっていることがとても危険です。事故にあわないかと心配をしています。あとから来た人への思いやりも忘れずに、保護者の方もルールを守って下さい。
まだ気候の寒暖の差があるので、衣服の調節ができる支度をさせてください。園児服を着て登園させてください。これから長いお休みに入ります。連休中、事故やケガのないように過ごしましょう !!
連休明け、嫌がって泣くようなことがあってもしっかり受け止めますので、安心して連れて来て下さい。
 1日 こどもの日の写真を撮ります。ベルマークを集めています。
 7日 ゆり、ばら組は面接が始まります。
13日 内科検診をします。大沢クリニックの先生が診察に来てくれます。
    (お休みしないようにしてください)
14日 ばら組がいちご狩りに行きます。
19日 音楽教室 ゆり、ばら組が指導してもらいます。
21日 5月生まれのお子さんの、ゆり、ばら組の保護者は試食ができます。 
    参加される方は11日までにお知らせ下さい。お箸を持参下さい。
27日 ココンへばら組が慰問に行きます。入所者の方と交流をしてきます。
 
*小林のセブンイレブンにゆり、ばら組が描いた母の日の絵が展示されています。是非ご覧下さい。

ばら組

【ねらい】自分の考えも大切にしながら、お友達の気持ちも考えられる

 期待に満ち溢れた入園式から、早くも1ヶ月が経ちました。
 新しい環境にもすぐに慣れ、色々な場面でやっぱりばら組だなと成長を感じることも増えました。子ども達自信も、ばら組でしか体験できないことへの期待を胸に日々を楽しんでいるようです。
 しかしその一方で気持ちが大きくなっている分すこし危ない行動がみられたり、ふざけ過ぎてしまう場面が見られたりするので、そのつど声かけをしながら気をつけていこうと思います。
 さて、5月はすでに子ども達も楽しみにしている春の旅行やココン慰問などがあります。連休で色々なところに出かける予定はあると思いますが、休息もしっかりと取って保育園の行事に全員で参加できるように備えていただけたらと思います。

ゆり組

ねらい:好きな遊びを、気の合う友だちや保育士と一緒に楽しむ。

 ゆり組になり1ヵ月が経ちました。みんな新しいクラスに慣れ楽しく過ごすことができています。私にも少しずつ慣れてきてくれ、色々な話を聞かせてくれるようになり、うれしく思っています。
 また、気温の変化が激しい中、体調を崩してお休みする子がほとんどおらず元気いっぱいの子どもたちに私も元気をもらっています。今月も体調に気をつけ、過ごしていきたいです。
 ゆり組になってあたらしく加わったわくわくタイム・体操教室ですがどちらも楽しそうに取り組んでくれています。これから新しいことに挑戦していくと思いますが、無理なく担当の先生と一緒に進めていければと思います。気になることがありましたら声をかけて頂ければと思います。
 暑かったり寒かったりと何を着たらいいのか悩んでしまう時期だとはと思いますが、子どもたちが自分で着脱がしやすく、調節のできる服装をお願いします。園児服のボタンも自分で頑張ってしています。

さくら組

〔ねらい〕友だちや保育者と関わる中で、やりとりや遊びを楽しむ

 さくら組になって1ヶ月たちました。今年は不安定な天候の日が多く、さくらの花をゆっくり見る間もなく散ってしまいましたが、いずみ保育園のさくら組は、ただ今満開です(笑)
 新しいお友だちもすっかり慣れたようで、毎日笑顔でいろいろなお話をしてきてくれます。
 おはじまりが終わりお部屋に入ると、まず手をつないで輪になり、大きくなったり小さくなったり、離した手をすぐつないだり、手をつないだまま“となりは誰と誰?”とお友だちの名前を言ったりして楽しんでいます。みんなでひとつのことをして、友だちとの関わりを自然に身につけていけたらな…と思っています。とにかく個性たっぷりのクラスで毎日にぎやかに過ごしています。そんな子どもたちですから「さくら組になった」という自覚が日に日に強くなり、自分から進んで何かをやろうという気持ちが行動に現われ始めています。今月は、給食時、自分で廊下にお茶を入れに行ったり、お当番の仕事をしたり…と、自分の事は自分でする、グループでまとまり何かをするということを、経験させていこうと思っています。ゴールデンウイーク明けが本格的な新学期かな…と考えていますので、いろいろクラス活動を始動させていこうと思います。
 生活に慣れてくると、緊張が解け疲れがでてきて体調を崩しやすくなりますので、毎日同じリズムで過ごすことを心がけ、元気に過ごしましょう。

 

たんぽぽ組

【ねらい】身の回りの事は少しずつ自分でできるようになる

 たんぽぽぐみに進級してから1ケ月たちました。クラスでの生活にも慣れてきたようで、朝の準備など自分から進んで出来るようになりました。机や椅子、歯ブラシ入れを出すお手伝いをよくしてくれます!お当番もローテーションで行っていますが、お当番をやった後でも「今度いつお当番できる?」と皆張り切っています。たんぽぽ組になり、ランチセットや帽子・うわばきを使うようになったことが嬉しいようで「見て見てー!」と見せに来てくれます。「かっこいいね!」「かわいいー!」と伝えると、とても嬉しそうな表情を見せてくれて、とても可愛いです。
 最近ごっこ遊びで料理を作ったり、吉田小学校の校庭の切り株の上でバーベキューごっこをやったりして楽しんでいる姿も見られます。また少しずつですが、使いたいおもちゃがある時、「貸して!」と言えるようになってきました。4月は雨などで室内遊びが多くなってしまいましたが、5月は外で元気いっぱい体を動かしていければいいなと思います。

もも組・すみれ組

【ねらい】天気の良い日は戸外に出て、自然に触れながら外遊びを楽しむ。

 入園・進級して1ケ月がたちました。少しずつ園生活にも慣れ、登園して泣いてしまう子もお部屋に入るとおもちゃに興味を持ち、泣くことを忘れ楽しく過ごせるようになりました。お散歩も大好きで、歩ける子は保育者と手をつなぎ頑張って歩き、他の子もベビーカーや箱車に乗り春の景色を楽しんでいます。
 小さい体で新しい環境に慣れようと頑張った1か月は、疲れも溜まっていることと思います。感染症にかかりやすくなり、体調を崩す子どもも多くいました。ゴールデンウィークは家族で楽しい時間を過ごし、心身ともにリフレッシュできるのではないでしょうか。連休明けも笑顔で登園できるのを楽しみにしています。
 5月は暖かな陽気が多い月です。お外でたくさん遊んだり、お散歩・日光浴をのんびり楽しんだりしていきたいと思います。