|社会福祉法人三山なかよし会 富岡いずみこども園|群馬県富岡市|通常保育|一時保育|障害児保育|乳児保育|

 

5月

 

園だより

園だより
 
新年度が始まり一か月が過ぎ、子供たちの泣き声も聞かなくなってきました。これから集団生活の中で、歌や遊び、生活のルールなど、たくさんのことを覚え、行事にも参加して、楽しく保育園生活が送れるように保育していきたいと思います。
先日の保護者会でも話しましたが、駐車場でのおしゃべりで、子ども達が事故にあわないように、あとから来た人への思いやりを忘れずに、保護者の方もルールを守って下さい。まだ気候の寒暖の差があるので、衣服の調節ができる支度をさせてください。園児服を着て登園させてください。これから長いお休みに入ります。連休中、事故やケガのないように過ごしましょう!!
連休明け、嫌がって泣くようなことがあってもしっかり受け止めますので、安心して連れて来て下さい。
 
 2日 こどもの日の記念写真を撮ります。
 7日 ゆり、ばら組は面接が始まります。
16日 ばら組さんがいちご狩りに行きます。後日詳細
21日 5月生まれの誕生日会をします。
21日 ココンへゆり、ばら組が慰問に行きます
22日 音楽教室は、ゆり、ばら組が音楽指導をしてもらいます。
28日 内科検診 お休みをしないように!!
 
 

ばら組

ばら組
 
【ねらい】自分の考えも大切にしながら、お友達の気持ちも考えられる

期待に満ち溢れた入園式から、早くも1ヶ月が経ちました。新しい環境にもすぐに慣れ、色々な場面でやっぱりばら組だなと成長を感じることも増えました。子ども達自信も、ばら組でしか体験できないことへの期待を胸に日々を楽しんでいるようです。しかしその一方で、気持ちが大きくなっている分すこしふざけ過ぎてけがをしてしまうことが増えているので、そのつど声かけをしながら気をつけていこうと思います。

さて、5月はすでに子ども達も楽しみにしている春の旅行や初めてのココン慰問があります。連休で色々なところに出かける予定はあると思いますが、休息もしっかりと取って保育園の行事に全員で参加できるように備えていただけたらと思います。

 

ゆり組

ゆり組
 
ねらい:保育士や友達と触れ合って遊ぶ楽しさを味わう。

ゆり組になり1ヶ月が経ちました。みんな新しい環境に慣れ意欲的に生活出来ています。私との生活にも慣れて来てくれたようで、いろいろな話をたくさん聞かせてくれるようになり、楽しい毎日を過ごしています。また、4月は体調を崩してお休みをするお友達がほとんどいなくて、みんな元気に過ごす事が出来て嬉しかったです。今月も毎日元気なみんなの顔が見られるように、お互いに体調管理に気を配り、生活していければと思っています。

さて、ゆり組になりわくわくタイム・体操教室が生活に加わってきましたが、どちらも楽しそうに取り組んでくれています。これから、いろいろな事を経験して行くと思います。まだ始まったばかりですので、楽しみな気持ちの方が大きいと思いますが、回数を重ねて行く中で、気になることなどあれば声を掛けていただきたいと思っています。

徐々に気温も上がり、暖かい日から暑い日が増えてくると思います。何を着たらいいのかな?と悩む時期だと思いますが、こちらも気を付けて見て行きますので、あまり厚着にならず、子ども達自身が調節しやすい服装をおねがいしたいと思います。

 

さくら組

さくら組
 
【ねらい】友だちや保育者と関わる中で、やりとりや遊びを楽しむ

ちょっぴり涙を流しながら登園する子も、遊び始めると笑顔に変わり、好きなことを見つけて楽しんでいます。子どもたちから話しかけてくれることも増え、自分の言葉で一生懸命に話してくれる姿は、本当にかわいらしいです♪

さくら組になって1ヶ月。1日の生活の流れもわかってきて、自分のことは自分でやろうとする姿も見られ、一人ひとりが頑張っています。今はできないことがあると、そのまま助けを待っていたり、泣いたり、その子なりのサインを出している時もありますが、「やって下さい」などと、少しずつで良いので、自分の言葉で言えるようになってほしいと思っています。一人ひとりに合った関わり方や援助をしながら、一緒にできることを増やしていきたいです。おうちでも、できないことができるようになったら、たくさん褒めて、自信に繋げてあげて下さいね。

 生活に慣れてきた反面、そろそろ緊張していた気持ちが解けてきたり、疲れが出てきたりと、体調を崩しやすくなる頃だと思います。手洗い・うがいをしたり、天候や体調に合わせて衣服の着脱をしたり、一人ひとりの健康状態も把握しながら、毎日元気に過ごせるように、園でもできることを行っていきます。
 

たんぽぽ組

たんぽぽ組
 
【ねらい】身の回りのことを行おうとする。
入園・進級して1ケ月がたちました。新しい環境にちょっぴり緊張していた子どもたちですが、少しずつたんぽぽ組の生活に慣れ、泣くことも減ってきました。そして、今ではたくさんの笑顔が見られるようになりました。「お外に行くよ~」と声をかけると嬉しそうに帽子を取りに行き「かぶれたよ~」「かぶせて~」「できない~」などといってそれぞれやってきます。その後、自分で頑張って靴を履き、園庭へ飛び出しています。外では三輪車に乗ったり、滑り台で遊んだり、砂場でご飯を作って「せんせい~これ食べて」など、自分の好きな遊びを見つけて楽しんでいます。お昼になると、新しいランチセットを出すのが楽しみで、喜んで鞄からランチセットを出してきます。食欲旺盛な子たちばかりで、あまり好き嫌いもせずよく食べてくれています。そして、リラックマチームとコリラックマチームの2つのチームを作りました。まだ、チームというものもわからずにいる子どもがほとんどですが、徐々にわかるようになると思うのでチームを理解することも子どもの成長の一つとして楽しみにしています。トイレトレーニングについては、焦らずに一人ひとりの成長に合わせて始めていけたらいいなぁと考えています。保護者の方との連携も大事にして、家庭と園とで進めていきたいと思います。子ども達が楽しくトイレのトレーニングができるようにサポートしていきたいと思いますので些細なことでも声をかけてくださいね。5月は暖かな陽気が多い月です。お外でたくさん遊んだり、お散歩・日光浴をしたりして、のんびり楽しんでいきたいと思います。
 

もも組・すみれ組

もも組・すみれ組
 
ねらい:園生活に慣れ、戸外での遊びを楽しむ

新緑のまぶしい季節となり、もも、すみれ組がスタートして一ヶ月たちました。保育園の生活リズムにもだんだん慣れてきて、自分のお部屋もおぼえ、戸外遊びのあとは玄関から歩いたり、ハイハイしたりして部屋まで行くことができ、手を洗うこともおぼえ、ちゃんと手を洗う場所で待っていられるようになりました。 

たった一ヶ月で子供ってすごいな…と思いました。

5月は、戸外遊びやお散歩を中心に、体力作りをして、子供たちが安心した毎日の中で、笑顔がもっともっと増え遊びにつながるよう、楽しく過ごしていきたいと思っています。

慣れてきたこの時期にとかく体調を崩しやすいので、お家ではゆっくりと休息できるようにお願い致します。年度始め、面接の時言い忘れたことや、聞きたいこと、わからないことがありましたら、遠慮せず声かけてください。

社会福祉法人三山なかよし会
幼保連携型認定こども園
富岡いずみこども園
〒370-2465
群馬県富岡市中沢210-5
TEL.0274-67-2427
FAX.0274-67-3795
-------------------------------
■保育業務
-------------------------------
014272
<<社会福祉法人三山なかよし会 富岡いずみこども園>> 〒370-2465 群馬県富岡市中沢210-5 TEL:0274-67-2427 FAX:0274-67-3795